熟年離婚する時に想定される弁護士さんの費用は?

熟年離婚する時に想定される弁護士さんの費用は?

熟年離婚する時に想定される弁護士さんの費用は?

熟年離婚する時に想定される弁護士さんの費用は?

 

熟年離婚をしようと思った時に、もしくは離婚を請求されているときに多くの人が悩むこととして、弁護士に依頼した際にどれくらいの費用がかかるのかということが挙げられるでしょう。

 

具体的な金額は、それぞれの法律事務所や各弁護士がそれぞれ独自に定めた報酬を決めることができるため、弁護士費用が一律に決まっているわけではありません。

 

熟年離婚をするに当たり弁護士に依頼する際には、まずは相談料がかかります。
これは弁護士に依頼する前の段階で、弁護士と相談する際にかかる費用を指します。

 

どのように離婚の手続きを進めていけば有利に進められるかなどを相談する際に必要となります。
そして実際に依頼を決めたのであれば着手金が必要となるでしょう。

 

着手金を支払わなければ、その問題に着手することはありません。
そして問題を無事に終了させることができた際に支払う成功報酬も必要となります。

 

もしも事務所などを離れて問題に対応した場合には、その都度費用を支払うことになるでしょう。
具体的な例としては相手のもとに交渉に出向いたり、裁判所に出頭する際などに、その費用を払う必要があります。

 

またこれらの費用にはすべて消費税がかかることになるでしょう。

 

これらのことから熟年離婚するときに想定される弁護士の費用としては、相談料については1時間1万円程度、着手金については20万円から50万円程度、成功報酬は無事に終了させた場合には20から30万円、またこれに加えて好ましい結果を得られた場合には20万円ほど追加されるケースもあります。



トップへ戻る