専業主婦が熟年離婚して受ける影響は

専業主婦が熟年離婚して受ける影響は

専業主婦が熟年離婚して受ける影響は

専業主婦が熟年離婚して受ける影響は

 

専業主婦が熟年離婚をしたときに受ける影響というのは、かなり大きなものがあります。

 

専業主婦は外に働きに行かずとも暮らしていくことができると同時に、社会から遠ざかっていただけに熟年になってから再び社会に復帰するというのは容易なものではありません。

 

キャリアがある人でも年齢が高いと仕事が見つからない時代だけに、特別なスキルがない専業主婦が熟年離婚をすると稼ぐ術がないということで困ってしまうことがあります。

 

働かなくても十分なだけの財産分与があったり、仕事のあてがあればよいのですがそうでなければ収入面での影響というのはかなり大きいといえるでしょう。

 

次に住居がなくなってしまうというのも影響は大きなものであり、財産分与で家が手に入れば良いのですが出ていかなければならない立場になってしまうと、住居探しで苦労をしてしまうことになります。

 

今まで専業主婦をしていた人だと部屋を借りることができないということも考えられますし、家を購入するだけの財産を受け取ることができる人というのはごく僅かですから住まいの問題も出てきます。

 

長年夫をサポートし続けてきた実績があると言っても、社会ではそれをキャリアとして認めてくれるところはありませんから、専業主婦の熟年離婚はさまざまなところで影響があるということを理解しておく必要があります。

 

逆に影響があるほとんどの部分はお金に関することであるため、お金の心配がないのであれば専業主婦でも影響は少ないと言えるでしょう。



トップへ戻る