知っておきたい熟年離婚のコラム | 熟年離婚の教科書記事一覧

最近の熟年離婚の年齢は

熟年離婚と言えば55歳を超えた夫婦が離れ離れになる事を指すと捉えている方が多いのですが、実は年齢によって区別されているのではなく長期間一緒に結婚生活を営んでいたのに途中段階で離婚する事を指します。そのため20年間を超えて連れ添った相手と別れる事を熟年離婚と呼ぶのですが、やはり結婚する年齢は一定の頃合いに集中する傾向にあるので結果として55歳前後になっています。つまり形式に則って考えるのなら、20歳...

熟年離婚率はどのくらいでしょうか?

熟年離婚、というのは一般的に、二十年以上の結婚期間をおいた後に離婚した場合に、熟年離婚、と言われます。決して、夫婦の年齢が高いから、ということでそのような呼称が用いられているわけではありません。その離婚件数は、平成14年に約29万組が離婚している(厚生労働省調べ)ところをピークとして、現在では減少傾向にあるようです。熟年ということを問わず、離婚率という視点から考えると、2008年までは右肩上がりで...

50代の離婚率は少ないとおもいますか!

昔は離婚したくても社会的に力がなく離婚できない女性が多かった日本ですが、今は違います。50代や60代の女性でも熟年離婚をする人が増えています。50代や60代の離婚率が上がっているのは、女性側も働いて収入を得ている人が多くなっているからです。ひとりでも十分にやっていける収入があれば、嫌な夫と無理して一緒にいる必要はないわけです。ここ10年で離婚する人の割合が急増していますが、独身女性として新しい人生...

熟年になって夫から離婚を切り出されたら

熟年になって夫から熟年離婚を切り出されたら、かなりのショックを受けることは回避できないかも知れません。ご主人やお子様、家族のために尽くしてきた「人生」は何だったのかと自問自答する日々が続くことにもなりかねません。しかし、ものは考えようです。残された人生をエンジョイするには、愛情を感じ合えない熟年の男女が世間体が悪いからと、夫婦でいる必要もありません。ここ最近は、「お一人様」が持て囃される時代です。...

50 代 になって夫から離婚して欲しいと言われたら

女性が50 代になってから急に夫から離婚をして欲しいといわれた場合、金銭的に困るのではないかと感じます。ただ、年金分割制度が整備されたのでした後でも年金がもらえるようになり、最大で夫の年金を半分もらえます。また、離婚したときには財産分与で夫の財産をもらえるのでお金に困ることは少ないようです。ただ、それでも熟年離婚するときは金銭的な不安があるかもしれません。50 代になると仕事を探しても経験不足や、...

60 代からの熟年離婚の注意点

60 代での熟年 離婚の注意点は離婚した後いかに経済的な面で生活を安定的に営む事ができるのかという事であり、特に奥さんにとっては女性ということもあり再就職がとても厳しいため生活が営める程の収入をいかに得られるのかが重要です。思わず熟年 離婚した後の晴れ晴れとした新生活に思いを馳せてしまいますが、これまでとの生活の差異を具体的に考え生活費や収入がどれほど変わり、変化に対し自身がどの程度譲歩させられる...

熟年離婚を回避する為の賢い方法は

熟年離婚が避けられない状況にある夫婦間に見られるのがお互いが譲歩しようとしない頑固な姿勢であり、向き合う時間と機会を確保してもとても長い年数にわたって積み重ねられてきた意味のないプライドにより邪魔されてしまいいつまでも話が平行線のままというものです。そうした時には第三者を介入させると回避に繋げられるのですが、二者間にとって最も身近な第三者と言えば既に自立し大人になっている我が子です。両親の仲が良く...



トップへ戻る