熟年離婚後の悲しい孤独死を避けるためにできること

熟年離婚に潜む悲しい現実。孤独死を迎えないためにできること

熟年離婚に潜む悲しい現実。孤独死を迎えないためにできること

熟年離婚に潜む悲しい現実。孤独死を迎えないためにできること

 

熟年離婚が増えてきている昨今ですが、同じように増えてきているのが「孤独死」を迎えてしまう高齢者と言われています。

 

熟年離婚には「自由になれる」「ひとりで気楽に過ごせる」というメリットがありますが、その裏側には「寂しさ」「孤独」があります。

 

熟年離婚をするのであれば、孤独死の可能性についても考えておく必要があるでしょう。

 

今回は熟年離婚と孤独死にまつわるお話です。

 

熟年離婚を終えた方、熟年離婚をお考えの方は必見です。

熟年離婚後の男性に忍び寄る「孤独死」という存在

熟年離婚後の男性に忍び寄る「孤独死」という存在

 

孤独死を迎えている方の増加の背景には、高齢化社会も要因として挙げられます。

 

しかし、熟年離婚が増加していることもその背景に絡んでいることも忘れてはいけません。そして、孤独死を迎える多くの方にはある共通することがあると言います。

 

その共通点とは、熟年離婚を迎えた独身独り暮らしの男性です。最近熟年離婚後の独り身の男性の孤独死が大変多くなっていきているそうです。

 

離婚する前は長年身の回りのことは全て奥さんがしてくれていたため、離婚した途端に自分で身の回りのことをすることができず、生活は荒れ、自分の体調管理もできなくなり、孤独死を迎えてしまう…。

 

そんな方が多いのだそうです。実際に孤独死を迎える7割が男性という調査結果も出ています。

 

参考→https://toyokeizai.net/articles/-/177581?page=2

こんな方は要注意。熟年離婚後の孤独死の危険が高い!

熟年離婚後の孤独死の危険が高い

 

あなたや、あなたの身の回りにはこんな方がいませんか?もし当てはまるのであれば、孤独死を迎えてしまう可能性が高いです。早急に何らかの対策を練ることをおすすめします。

 

家事が苦手
人とのコミュニケーションが苦手
何かしらの持病を患っている
年収が低い(300万円以下)
元配偶者を除く親族と不仲または音信不通

 

当てはまるものが多いほど要注意です。このような方が熟年離婚をしてしまうと、悲しい最期を迎えてしまう可能性が高い傾向にあるのです…。

熟年離婚後の悲しい孤独死を避けるためにできること

熟年離婚後の悲しい孤独死を避けるためにできること

 

もし、すでに熟年離婚をしてしまっていて、先ほどの項目に当てはまっているものがある方は、なるべく項目を解消できるような対策を用意しておきましょう。歳を取ればとるほど孤独死のリスクは高まりますので、出来る限り早い段階で次のことを心がけてください。

 

 

1.自分で生きていけるスキルを身につける
炊事、洗濯、片付けなどを自分でできるように練習をしたり、お手伝いさんに頼めるような環境を整えておきましょう。最近では単身者向けの家事のハウツー本やyoutubeなどで手軽にできる家事のやり方などを紹介してくれていたりします。

 

 

2.子どもや友達と親交を深めておく
普段から子どもや友人と親交を深めておくと、時々声掛けをしてくれることで安否確認になったり、人と触れ合うことでいい気分転換にもなります。風邪をひいたときなど、身近に人がいてくれるだけで安心感がありますし、誰かと関わることで生きる世界も広くなります。孤独死を迎える多くの方はひきこもりがちの方が多いです。

 

 

3.もしもの時のための備えをしておく
独りで住んでいる方は、就寝時やお風呂に入った時の急な発作、うっかり段差や階段で足を滑らせたときなどの転倒などで万が一のことがあったとしても、すぐに見つけてくれる人がいません。もしもの時のために、週に1回程度は子どもや知人に連絡をとるようにしておき、連絡が無い場合には見に来てもらったりなどの備えをしておくことをおすすめします。

 

 

4.趣味や生きがいを持っておく
趣味や生きがいを持っておくことは、熟年離婚後を充実して生きていくためにもっとも大切なことです。趣味や生きがいがあれば、生きる活力になりますし、共通の趣味を持つ方との親交を深めることもできるでしょう。

 

 

得意でなくても大丈夫です。今から新しい趣味を始めることだってできます。まずは何かに挑戦してみることが大切です。

「決断する前に」熟年離婚後の生活を想像してみよう

「決断する前に」熟年離婚後の生活を想像してみよう

 

熟年離婚と孤独死の関係についてお話させていただきましたが、熟年離婚を迎えるということは孤独死を迎える可能性がぐんと高くなってしまいます。

 

すでに熟年離婚を迎えてしまった方は、今回ご紹介した孤独死を防ぐ対策を行っていただきたいですが、もしこれから熟年離婚をされる方や今後熟年離婚を検討されている方は、ぜひ熟年離婚後の自分の生活を想像してみてください。

 

そして、独り身になるということは、少なからず自分にも孤独死の可能性があるということを考えていただければと思います。




トップへ戻る