女性が熟年離婚して後悔するパターンとは

女性が熟年離婚して後悔するパターンとは

女性が熟年離婚して後悔するパターンとは

女性が熟年離婚して後悔するパターンとは

 

定年退職や子供が巣立ったのを機に熟年離婚するカップルは増えています。
特に年金分割制度が整備され、経済的な不安が減ったことから熟年離婚のハードルは大きく下がりました。

 

しかし、念願だった熟年離婚をしたものの後から後悔するケースも見られます。
女性の場合には、金銭的な問題で後悔することが多いようです。

 

年金分割制度が整備されたといっても、十分な金額の年金がもらえるケースは限られています。
足りない分を補うためには働かなければいけないのですが、50代や60代になっていると雇ってもらえないことも多いからです。

 

職探しに苦労して、こんなはずじゃなかったと熟年離婚を後悔するパターンと言えます。
特にずっと専業主婦だったという女性の場合には、ブランクが空きすぎているため仕事を見つけるのにとても苦労します。

 

やっと仕事が見つかっても低賃金で長時間労働ということも少なくありません。
また、結婚している間に蓄えた資産をきちんと財産分与してもらい、パート程度で働けば十分に生活していけると試算して離婚したという人もいるでしょう。

 

しかし、病気になってしまったり、親の介護をしなければいけないなどの理由で生活設計が狂ってしまうようなこともあります。

 

一人暮らしには何かとお金がかかるものなので、予想外の出費がかさんでしまうといったケースも見られます。
場合によっては子供に援助をお願いしなければいけないといった事態に陥ることもあり、熟年離婚を後悔する人もいるようです。



トップへ戻る