熟年離婚して後悔した人の共通点は

熟年離婚して後悔した人の共通点は

熟年離婚して後悔した人の共通点は

熟年離婚して後悔した人の共通点は

 

熟年離婚は、結婚当初から感じていた価値観や性格の相違に対するストレスの蓄積、長年にわたる精神的及び肉体的な虐待、親の介護によるストレスの蓄積が、毎日家に居座り続ける定年後の夫による自分の行動への大きな制約がキッカケとなり、女性から離婚を申し出るケースが多くあります。

 

また、現代の乱れた社会常識を反映する様に浮気や不倫などが原因で熟年離婚する人も多くいますが、熟年離婚した事に後悔する人には共通する点があります。

 

熟年離婚して後悔した人の共通点は、子供の独立を機に束縛からの自由を求めて1人になったものの夫婦共通の知人や離婚相手を知る友人などとの交友が制限されてしまう為、単独でする食事や何もやる事が無い日が続くなどに強い孤独を感じています。

 

熟年離婚は、孤独に加えて経済的な面で後悔する人が多く、特に財産分与や年金分割及び充分な慰謝料が貰えなかった女性が多く後悔しています。

 

専業主婦の女性が多い熟年離婚は、高年齢かつ未経験で希望する給与を得られる就職先を見つけられない事が多く、就職先が見つかっても高年齢による肉体的な負担と未経験による精神的な負担が想像以上で長期及び8時間の正規労働が出来ず、熟年離婚は金銭的な問題で貧窮する事が多くあります。

 

また、金銭面での貧窮は、女性に比べて収入の多い夫の収入で維持して来た知人関係や習い事などの友人関係を維持する事が出来なくなり、離婚後の孤独感をさらに強く感じさせると共に離婚に対する後悔を増大させる悪循環を引き起こしてしまいます。



トップへ戻る