熟年離婚して生活保護を受けることは出来るのか?

熟年離婚して生活保護を受けることは出来るのか?

熟年離婚して生活保護を受けることは出来るのか?

熟年離婚して生活保護を受けることは出来るのか?

 

近年増えている熟年離婚ですが、離婚したときに慰謝料や財産分与なども受け取れないときや、仕事が高齢のために見つからないときは生活保護を受けることも出来ます。

 

受けるためには条件を満たす必要があり、援助をしてくれる家族や親戚がいないことや資産が全く無いこと、病気や怪我で仕事が出来ず月収も最低生活費よりも低い場合です。

 

申請は住んでいる地域の福祉事務所に行い、運転免許証や保険証など身分証明書と資産収入の申告書が必要です。申請書は福祉事務所でもらえますが、資産収入の申告書は個人や地域により様式が違います。

 

最近は保護を受ける人が増えていて、申請書を提出しても無駄になるからと担当者から説得されたりしますが、本当に困っているときは申請を行った方がよいです。

 

申請書を提出すると担当者が生活環境や預貯金、保険や不動産などの資産、仕事をすることが出来ないかなどを調べてから必要があるかを判断し受給を認めるかが決まります。

 

通常だと14日以内に郵送で結果が送られてきます。認定されると毎月保護費の支給されます。

 

不正に受給してなく問題がないときは基本的に返済は不要です。生活するだけのお金は得られます。
8種類に分かれていて衣食費用の生活扶助や住宅、教育に医療、介護に出産、生業や葬祭です。

 

生業扶助は仕事を始める資金や技能集t区、就職準備のための費用です。
一時扶助として住宅の更新料や入院費なども支給されます。

 

また、国民年金の保険料やNHK受信料など公共料金の支払いも免除されるものがあり、基本的に税金も免除されるため地方税や所得税の支払いも必要ありません。



トップへ戻る