熟年離婚したら生活費はどうなるのか?

熟年離婚したら生活費はどうなるのか?

熟年離婚したら生活費はどうなるのか?

熟年離婚したら生活費はどうなるのか?

 

熟年離婚をした場合にはそれからの生活費はどのようになるのでしょうか。

 

共働きをしていた夫婦お互いが正社員として働いていれば、離婚後の生活費に関してもお互いに自分自身の生活を賄っていく程度の収入を得ながら生活できる人がほとんどです。

 

退職後も厚生年金が適用されるために、ある程度の収入を見込めます。
また、男性はほとんどの場合が正社員として働いて家族を養うための収入を得ているケースが多いために、離婚後も生活費に関して不安を抱える人はあまり多くありません。

 

その反面妻であった女性に家事や家庭のことを任せっきりでいたために、日常生活で苦労する場合もあります。
熟年離婚後に生活で一番の不安を抱えるケースは専業主婦で長年家庭を守ってきた女性にあります。

 

離婚の理由によっては慰謝料を請求できる場合もあり、財産分与を行う事である程度まとまったお金を手に入れられる場合もありますが、離婚後の生活をずっと支え続けられる程度の金額でないことがほとんどです。

 

そのために、毎日の生活を賄うための収入は必要になってくるのです。
特に長い間家庭を守ってきた主婦は仕事をした経験や資格を持っている人は多くありません。

 

ある程度年を取ってから就職先を探そうとしてもなかなか難しく、気持ちを優先して熟年離婚をしてみたもののその後の生活費に苦労する場合もあるのです。

 

そうならないためにも、熟年離婚をする場合には、年金分割制度を活用して離婚後にきちんと年金が貰えるように手続きすることや、財産分与をきちんと行うことなどは最低限計画的に行っておくことが大切です。



トップへ戻る