熟年離婚後にショックを受けた男性が立ち直るまでには

熟年離婚後にショックを受けた男性が立ち直るまでには

熟年離婚後にショックを受けた男性が立ち直るまでには

熟年離婚後にショックを受けた男性が立ち直るまでには

 

熟年離婚が増えていますが、これにより見えてきた傾向があります。
熟年離婚後によって男女が受けるショックの大きさの違いです。

 

女性は立ち直るのが早いのに対して、男性はなかなか立ち直れません。
抜け殻のようになってしまい、生活に支障が出てしまう人も珍しくありません。

 

女性は新たな人生のスタートを切って、以前より前向きになるケースが多いです。
なぜ男性は立ち直るまでに時間がかかってしまうのでしょうか。

 

主な原因として考えられるのは目的の喪失です。
一般的に男性は、定年まで家族を養うことを目的にして働きます。

 

仕事でつらい目にあっても、家族のために一生懸命働けるのです。
つまり家族と仕事がいきがえと言い換えられます。
定年して熟年離婚をすると、それらを一気に失うことになってしまいます。

 

そのため生きるための原動力がなくなり、なかなか立ち直るきっかけを掴めません。
この事実に注目すると、立ち直るためのヒントが浮かんできます。

 

つまり新たな原動力を得られれば、ショックを克服しやすくなります。
セカンドライフを楽しもうとするスタンスで、周囲を見渡してみてください。

 

スポーツや趣味など何か興味を持てるものはないでしょうか。
もちろん新たな女性との出会いを求めるのも一つの手です。

 

ショックから立ち直るまでは、このように積極的に自分の周囲に目を向けてみましょう。
運が良ければすぐに見つかることもあります。
仕事で忙しくて断念していた活動があれば、これを機に始めると良いでしょう。



トップへ戻る