熟年離婚後の一人になった男性の気持ちは

熟年離婚後の一人になった男性の気持ちは

熟年離婚後の一人になった男性の気持ちは

熟年離婚後の一人になった男性の気持ちは

 

熟年離婚後の男性の気持ちというのはさまざまなものがありますが、多くの場合には後悔をすることが多いようです。

 

最初のうちは清々したと思っていても、今まで妻になんでもしてもらってきた男性というのは急に一人になることに対して心細くなり、もっと違う方法があったのではと後悔するということは珍しくありません。

 

その逆に裏切られたという気持ちを持つ男性も少なくなく、今まで散々家族を守るために身を削って働いてきたのにこの歳になっての離婚はひどすぎると落胆する人も多くいます。

 

中には覚悟をしていたという人もいて、むしろホッとしたという人もいないわけではありません。

 

子供がいる場合には子供が成人するまで夫婦という体を保ちつつ、成人して独立したあとは夫婦でいる必要性がなくなることからそのまま別れるというケースです。

 

この場合にはすでに気持ちの整理も付いていますし、逆にホッとしたと感じることもあります。
しかし、全体的な傾向からすると後悔をしたりショックを受けたりすることのほうが多く、女性よりも男性の方がパートナーに依存をしているということを見て取ることができます。

 

熟年離婚をするまでは妻などいなくてもやっていけると高をくくっていても、いざ離婚となって一人になってしまうと後悔と寂しさの念が押し寄せてくるという人が大半です。

 

それだけに男性は経済的に家族を支えていると思っていても、精神的に妻からサポートを受けているということを忘れないようにすることが大事だといえます。



トップへ戻る