熟年離婚した場合の財産分与の相場はいくらでしょうか?

熟年離婚した場合の財産分与の相場はいくらでしょうか?

熟年離婚した場合の財産分与の相場はいくらでしょうか?

熟年離婚した場合の財産分与の相場はいくらでしょうか?

 

熟年離婚で気になるのは財産分与の相場ですが、奥さんが働いていれば収入差を考慮せずに2分の1にすることが相場です。
これは夫婦で一緒に商売を行なっていた場合でも同じです。

 

最近では共働き世帯も増えていますが、特別な事情がない限りは財産は2分の1ずつにするのが一般的です。

 

問題は専業主婦のケースです。
この場合でも2分の1にしてもらえるケースがあるものの財産の3割程度の財産分与にとどまるケースもあります。

 

収入差に関係なく2分の1にしてくれる共働き世帯のケースとは多少異なる部分です。
ただ財産分与に該当するものは非常に多く、貯金や家に車もあります。

 

その中に年金も含まれており、専業主婦に優遇された状況になっているのが特徴です。
離婚した夫が会社員や公務員の場合は厚生年金もしくは共済年金に加入しており、その部分を半分に分割してくれそれをもらえます。

 

財産分与では財産のいいとこ取りはできず平等に分けるか、車は夫で家は妻というように財産の種類ごとに分けていくケースもあります。
この部分の話し合いは裁判所や弁護士同士の話し合いで行われます。

 

まれに奥さんがかなりの財産を持っている場合は財産分与をしない形で離婚することもあります。
このため、どんなケースでも2分の1になるなど相場通りには進まないことも考えられます。

 

ただ弁護士と話し合いをしておけば相手から割に合わない離婚を迫られることは少なく、熟年離婚に踏み切りやすい環境であることは間違いありません。



トップへ戻る