熟年になって離婚したら財産分与はどうなるのか?

熟年になって離婚したら財産分与はどうなるのか?

熟年になって離婚したら財産分与はどうなるのか?

熟年になって離婚したら財産分与はどうなるのか?

 

熟年と呼ばれる年になると、子供が巣立ったり、仕事が定年退職を迎えるなど、第二の人生を始める機会になります。

 

そこで第二の人生を始めるために、これからの人生を考えて、自分には必要のないものを処分しようと考える人が多く、その1つとして熟練離婚を選ぶ人が少なくありません。

 

熟年離婚をする場合に、1番大事なことは、離婚してからの生活について計画をたてることです。
新しい生活を始めるためには、ある程度の経済的な余裕が必要ですから、そのために財産分与を行うことが大事です。

 

結婚している間に築いた財産は、妻が専業主婦で外で働いたことがなく1円も稼いだことがなかったとしても、財産を夫と妻で公平に分割することになっています。

 

結婚生活をおくっている間に購入した持ち家や車、家具や家電など全てが財産分与の対象になっていますし、妻が夫に隠れてこっそり貯めていたへそくりも財産分与の対象になっています。

 

持ち家や車など高額商品はどちらかが所有することになった場合は、離婚をすることになった時点で専門業者に査定をしてもらい、その査定額の半分を所有する側がしない側に現金で支払うことになります。

 

住宅や車を両方が所有しないと決めたときは売却し、売却した金額を公平に折半します。

 

家具や家電など売却できないようなものは、話し合いをして公平に分けるようにします。貯金などは公平に分割することによって、熟年離婚をした後の新しい生活を始める時の大切な資金になります。



トップへ戻る