自営業の場合、熟年離婚したら年金はどうなる?

自営業の場合、熟年離婚したら年金はどうなる?

自営業の場合、熟年離婚したら年金はどうなる?

自営業の場合、熟年離婚したら年金はどうなる?

 

最近年々件数が増加している熟年離婚ですが、子供が成長した後は第二の人生とばかりに離婚してしまって、後から後悔する人も少なくありません。

 

その後悔の多くはお金に関わる事情です。
例えば年金について、自営業をしている人とサラリーマンをしている人だと受給できる種類は異なります。

 

そのため、それぞれの妻も熟年離婚した場合にもらえる金額は異なります。
自営業の旦那と離婚した場合、その妻はほとんど年金は、もらうことができません。

 

自営業だとサラリーマンにあるような厚生年金はありませんし、似た制度に自分から加入しなければほとんどもらうことは出来ないのです。

 

若い時に払っていないためもらえないのは当然ではあるものの、妻からするとそれまで精一杯手伝いもしてきたのにもらえないのは辛いところです。

 

そのため、熟年離婚する場合にはその収入がないことも踏まえてお金の管理をする必要があります。
いくら子供が自分の手を離れたとは言え、身の回りの生活だけでもお金はかかりますし、新しい家を借りるにもまとまったお金は必要です。

 

自営業だとサラリーマンに比べて色々な面でリスクが多いのは理解していても、年金までもらえないというのは分かっていない人が意外と多いです。

 

一度離婚してしまうとその後は当然ながらもらえるチャンスはなくなるので、そこも踏まえて計画を立てることが大切です。
お金の面は話しにくいですが、避けては通らない部分なのでしっかり話し合いましょう。



トップへ戻る