熟年離婚したら年金は財産分与されるのか?

熟年離婚したら年金は財産分与されるのか?

熟年離婚したら年金は財産分与されるのか?

熟年離婚したら年金は財産分与されるのか?

 

最近件数が増えている熟年離婚ですが、お金に関わる事情は踏まえた上で決断するのがお勧めです。

 

例えば年金については老後生活の柱となる収入源ですが、離婚した場合その妻はほとんどもらう資格がなくなってしまいます。

 

サラリーマンの場合厚生年金や会社によってはさらに年金制度が準備されていますが、妻は扶養に入っていても入っていなくても結婚している時より年金はもらえません。

 

そのため、熟年離婚する前にあらかじめ年金を財産分与しておく方法もあります。
ただし、これは円満な離婚の場合のみで、どちらかに原因がある場合にはこういった話し合いはなかなかスムーズに進まないでしょう。

 

イメージとしては熟年離婚は長年夫の手間を焼いてきた妻が夫にしびれを切らして離婚するという感じですが、実際は妻に原因があることも多いです。

 

異性関係や家事の問題など、夫ばかりが問題で離婚している訳ではありません。
その場合には年金の財産分与は現実的に応じてもらえない可能性が高いでしょう。

 

しかし、それまでまともに働いたことがない専業主婦がいきなり年金という収入を失うのは厳しいものです。
それまでしてきた生活と同じレベルは出来ないと思った方が賢明でしょう。

 

そういった金銭的な事情を踏まえた上で、離婚の決断をするかどうか考えるのをお勧めします。

 

一度離婚してしまうと、当然ながら妻として受給してもらうことは出来ませんし、その資格を取り戻すことも出来ないので注意です。



トップへ戻る