熟年離婚した時の慰謝料の相場はいくらぐらいでしょうか?

熟年離婚した時の慰謝料の相場はいくらぐらいでしょうか?

熟年離婚した時の慰謝料の相場はいくらぐらいでしょうか?

熟年離婚した時の慰謝料の相場はいくらぐらいでしょうか?

 

一般的な離婚をしたときの慰謝料の相場は、50万から300万程度と言われています。
しかし熟年離婚は婚姻関係が20年や25年を超えるケースがほとんどなので、一般的な相場より高額です。

 

具体的には婚姻関係が20年以上なら600万円ほど、25年を超える場合は740万円ほどになります。
また熟年離婚をしたときに実際に受け取れる慰謝料は、共働きか専業主婦かでも変わってきます。

 

慰謝料の相場が高額になるのは、専業主婦を続けてきた場合です。
専業主婦を20年や25年以上続けていると、社会経験が乏しくなるため高額になります。

 

逆に共働きの場合は専業主婦より社会経験があるので、若干抑えられるので注意が必要です。
もちろん熟年離婚の場合も、慰謝料の相場は離婚理由に大きく左右されます。

 

相手の不貞行為やDVなどの証拠を集めれば、慰謝料を増額させることができるでしょう。
さらに熟年離婚の慰謝料は、離婚の方法によっても相場は違います。

 

協議離婚の場合は100万円から500万円の間で変動し、裁判を行った場合はさらに増え300万円から500万程度になることもあります。

 

しかし裁判では証拠の有無が重要になるので、不貞行為が原因の場合は客観的な証拠を集めなければいけません。

 

熟年離婚をしたときの慰謝料の相場は、一般的な離婚の相場に比べると高額です。
熟年離婚後の生活を安定させるためにも、証拠を集めて受け取れるお金はしっかりと受け取りましょう。



トップへ戻る