50代の離婚率は少ないとおもいますか!

50代の離婚率は少ないとおもいますか!

50代の離婚率は少ないとおもいますか!

50代の離婚率は少ないとおもいますか!

 

昔は離婚したくても社会的に力がなく離婚できない女性が多かった日本ですが、今は違います。
50代や60代の女性でも熟年離婚をする人が増えています。

 

50代や60代の離婚率が上がっているのは、女性側も働いて収入を得ている人が多くなっているからです。
ひとりでも十分にやっていける収入があれば、嫌な夫と無理して一緒にいる必要はないわけです。

 

ここ10年で離婚する人の割合が急増していますが、独身女性として新しい人生をスタートするためには夫と別れた後の資金も必要です。

 

結婚しても会社勤めを続けていた女性は、老後も年金があるので生活の心配をしなくても済みます。
一方、長年専業主婦を続けてきた女性は、財産や厚生年金を折半したとしても経済的に不利になる傾向があります。

 

20代や30代の頃とは違って、50代以降の女性は新しい就職先を見つけるのが難しくなります。
熟年離婚を早くから考えていた女性は、夫と別れた後の生活を見据えて離婚の準備を何年も前から進めていることが多いです。

 

離婚理由のトップは性格の不一致ですが、他に理由がない場合は早まって離婚すると後悔が残ることがあります。
夫に別れを切り出したら元の関係に戻ることは難しくなるので、離婚の意思を伝える場合は必ず熟慮した後に伝えることが大事です。

 

長年の結婚生活を終わらせることは精神的にも大変なので、離婚した後にサポートしてくれる人を持つことも重要です。
年齢が上がるほど離婚には覚悟が必要です。特に子供がいる人は離婚すると子供との関係も変わることが多いので、事前によく話し合っておくことが大事です。



トップへ戻る