熟年離婚したら私の年金はどうなる! | 熟年離婚の教科書記事一覧

離婚すると夫婦それぞれの年金はどうなるのか?

夫婦が離婚をした場合、家庭生活をおくっている間に築いた財産は、平等に分割することが法律で定められています。財産分与というもので、家や車、預貯金など、結婚してから築いた財産は全て折半します。へそくりなども該当し、それは年金につても含まれています。離婚をすると離れて暮らすことになりますが、支払われる年金は分割して夫と妻がそれぞれ受け取ることができる分割制度を利用することができます。夫が会社員で厚生年金...

共働きの場合、離婚したらそれぞれの年金はどのようになるのか?

熟年離婚は日本でも社会問題になっています。離婚する場合、家庭によって様々な問題が出てきます。そのひとつが年金の問題です。日本では、離婚した時に年金記録を夫婦で分割することが可能です。離婚による年金分割は、夫の厚生年金の半分が最大となります。夫婦が共働きで厚生年金であれば、両方の年金を合算してその50%が最大です。一般的に夫の年収の方が多いケースが多いです。妻の年収によっては、分割で妻側の取り分が減...

熟年離婚する際に気をつけたい年金分割とは?

熟年離婚をする際には、年金分割制度について事前によく知っておく必要があります。年金分割制度とは、夫婦が離婚した場合に婚姻期間中の厚生年金記録を分割できる制度のことをいいます。当事者間の合意や裁判手続きなどによって分割割合を定める場合と、第3号被験者の請求によって分割割合が決まる制度があります。会社員や公務員の妻が第3号被験者の場合には、請求すれば自動的に50%の権利が認められます。年金分割の請求が...

熟年離婚したら年金分割は いくらなのかを知っておきましょう

第二の人生を始める前に、熟年離婚をする夫婦が増えています。熟年離婚をした後は別々に生活をすることになりますが、結婚している間に支払っていた厚生年金保険料に応じて、夫が得る厚生年金の一部を年金分割制度によって受け取ることができます。熟年離婚が増えたことから、国が離婚した後の妻の生活のことを考えて、年金分割制度というものを設けました。年金分割制度というのは、妻が専業主婦で夫が会社員で厚生年金保険料を支...

離婚したら今まで支払った厚生年金どのようになるのか?

離婚をすると夫婦の財産をそれぞれで分けることになりますが、それは厚生年金の場合も同様です。仮に夫が会社に勤めて厚生年金を納めていたとしても、妻が一定の割合で厚生年金を受給することが可能なのです。離婚時に厚生年金をどう分与するかという問題は、年金分割という制度が定められています。この制度は厚生年金について夫婦のどちらか一方が保険料を納めていたとしても、もう一方もその一部を支払っていたと見なして将来の...

熟年離婚したら年金は財産分与されるのか?

最近件数が増えている熟年離婚ですが、お金に関わる事情は踏まえた上で決断するのがお勧めです。例えば年金については老後生活の柱となる収入源ですが、離婚した場合その妻はほとんどもらう資格がなくなってしまいます。サラリーマンの場合厚生年金や会社によってはさらに年金制度が準備されていますが、妻は扶養に入っていても入っていなくても結婚している時より年金はもらえません。そのため、熟年離婚する前にあらかじめ年金を...

熟年離婚したら国民年金に加入していた場合はどうなるか?

近年、熟年離婚する人が多くなっています。離婚の場合、年金も財産分与の対象になってきます。妻が専業主婦だった場合、夫との合意がなくても夫の年金の50%を分割して手に入れることができます。3号分割制度というものです。しかし、夫が自営業などで国民年金にのみ加入だった場合は年金を分割するということはありません。夫の扶養にに入っていて国民年金第3号被保険者の方が対象です。自営業者のご夫婦は二人とも国民年金第...

自営業の場合、熟年離婚したら年金はどうなる?

最近年々件数が増加している熟年離婚ですが、子供が成長した後は第二の人生とばかりに離婚してしまって、後から後悔する人も少なくありません。その後悔の多くはお金に関わる事情です。例えば年金について、自営業をしている人とサラリーマンをしている人だと受給できる種類は異なります。そのため、それぞれの妻も熟年離婚した場合にもらえる金額は異なります。自営業の旦那と離婚した場合、その妻はほとんど年金は、もらうことが...

熟年離婚した後に元夫が亡くなった場合の遺族年金は

被保険者が亡くなった後に貰えるお金に遺族年金があります。夫婦だと夫が亡くなったときに、残された家族が困らないように配慮されている制度です。ただ、これはあくまで夫婦の場合で熟年離婚をしたときに、元夫が支給されるかが気になるところです。遺族年金は、受け取る条件に18歳未満の子供がいる配偶者となっています。ここで問題なのが熟年離婚後に配偶者になるかです。配偶者は戸籍上だけでなく内縁の場合も含まれているた...



トップへ戻る