熟年離婚するには財産分与を明確にしなければなりませんね

熟年離婚と財産分与について | 熟年離婚の教科書

熟年離婚と財産分与について | 熟年離婚の教科書記事一覧

熟年離婚した場合の財産分与の相場はいくらでしょうか?

熟年離婚で気になるのは財産分与の相場ですが、奥さんが働いていれば収入差を考慮せずに2分の1にすることが相場です。これは夫婦で一緒に商売を行なっていた場合でも同じです。最近では共働き世帯も増えていますが、特別な事情がない限りは財産は2分の1ずつにするのが一般的です。問題は専業主婦のケースです。この場合でも2分の1にしてもらえるケースがあるものの財産の3割程度の財産分与にとどまるケースもあります。収入...

熟年になって離婚したら財産分与はどうなるのか?

熟年と呼ばれる年になると、子供が巣立ったり、仕事が定年退職を迎えるなど、第二の人生を始める機会になります。そこで第二の人生を始めるために、これからの人生を考えて、自分には必要のないものを処分しようと考える人が多く、その1つとして熟練離婚を選ぶ人が少なくありません。熟年離婚をする場合に、1番大事なことは、離婚してからの生活について計画をたてることです。新しい生活を始めるためには、ある程度の経済的な余...

熟年離婚した場合、持ち家の 財産分与はどうなる?

熟年離婚をした場合、持ち家の財産分与に関しては、基本的に公平に折半することになっています。結婚生活をおくっているときに持ち家を購入したときは、名義が夫だけ、もしくは妻だけになっていても、両方は等しく所有権を持つことになります。そのため熟年離婚をしたときには、持ち家の財産分与の方法として2つの方法があります。1つは、持ち家に離婚してからも夫が妻のどちからが住み続ける場合には、持ち家の価値を不動産会社...

共働き世帯で熟年離婚した場合の財産分与について

共働き世帯で熟年離婚した場合、明確にしておかなければいけないのが夫婦の共有財産です。片方が働いていない世帯と比べると共働き世帯は家計を別々にしていることもあるため、夫婦の共有財産を把握することが難しくなっています。原則として共働き世帯で熟年離婚した場合の財産分与は、夫婦で2分の1ずつとなっていますので、共有財産を明確にすることが欠かせないのです。では、共有財産の対象となるのはどのようなものかという...

熟年離婚してがっぽりと財産分与されるケースとは

熟年離婚する場合に問題になって来るのは、財産分与で、通常の場合は結婚後に得た夫が親から相続してもらった土地や不動産や財産などの夫固有の財産を除いた結婚後に買った住宅や家財などが対象になります。財産分与の原則は、夫婦で半分ずつ折半する事が基本です。つまり夫が理由は何であれ多額の借金をした場合は、財産分与を放棄しない限り妻にも半分マイナス財産である借金も負わされます。熟年離婚する場合は、将来の生計を考...



トップへ戻る