熟年離婚してからお金がないと大変な事になります

熟年離婚してからお金がないと大変な事になります

熟年離婚してからお金がないと大変な事になります

熟年離婚してからお金がないと大変な事になります

 

近年多くなっているのが、50歳以上の夫婦が離婚する「熟年離婚」になります。

 

熟年離婚をする理由としは、モラハラやパートナーの浮気、価値観の地k外、相手が家にいることがストレスなど様々なことが挙げられます。

 

このような子供が自立したことを機会として、離婚する人が増えてきているのです。

 

双方とも共働きで、それぞれ生活するのに問題がなければ、熟年離婚をしても問題は無いと考えられますが、長年専業主婦をやっていてお金が無いという人の場合は、離婚の決断は慎重にすることをオススメします。

 

近年では年金分割制度によって離婚後でも年金がもらえるようになっており、最大で夫の年金を半分もらうことができ、離婚時に財産分与で財産をもらうこともできます。

 

しかし、年金や財産分与だけでは病気や事故になった時にはお金が足りないということも考えられます。
長年専業主婦をやっていると年齢が高かったり、経験がないことが問題で仕事を探すことも難しくなってしまいます。

 

パートで働くことはできると思いますが、パートの収入だけでは十分な生活費を手にするのは難しいのが現状です。

 

このようなことからどうしても熟年離婚をしたいという時には、長い時間をかけて計画を立てて離婚後の生活するのに困らないようにしっかりお金を貯めておくようにしてします。

 

ストレスや不満などはすぐには無くならないと思いますが、場合によっては感情ではなく損得を考えて離婚が正しいのかを考えることも大切です。



トップへ戻る