熟年離婚の末路は二通りに分かれる

熟年離婚の末路は二通りに分かれる

熟年離婚の末路は二通りに分かれる

熟年離婚の末路

 

長い間連れ添っているからといって、相手が自分にいつまでも好意を持っているわけではありません。相互理解ができなくなった二人に様々なすれ違いの兆しが見え始めると、当たり前だった生活の歯車も狂いだします。

 

家族のことや周囲の反応などを気にすると、若いころは我慢できても年齢を重ねていくごとに我慢の限界を抑えることがむつかしくなります。結果的に熟年離婚という選択しかなくなった場合、その後の末路は人それぞれです。

 

お互いがそれぞれの道を選んだ場合、結果はそれぞれですが、大別すると二通りのパターンに分けることができます。単純に分ければ成功と失敗で、特に感情に任せて勢いで分かれてしまうと、後々苦労することになります。

 

男性の場合は家事などの自分の身の回りのことが一人でできずに、部屋が散らかったり食事も総菜などで済ますことが多くなり、健康管理にも不安が付きまといます。

 

どのような形であれ働くことで収入を選べる男性に比べ、専業主婦だった女性が突然一人で生活することになると、収入源の確保が必要になります。専業主婦の女性の場合、働いていない期間が長ければ長いほど働くことへのリスクが高まります。

 

働き口があっても仕事に追いつけないなどの体力面以外にも、年齢的な問題で働き口すらないという結果も考える必要があります。それまで表面上お互いを支えあって生きてきた夫婦関係がなくなり、一人で生活するという選択肢を考えるときには、自分だけでも生きていける方法があるかを考える必要があります。



トップへ戻る